横浜通過?!東海道線の通勤快速は停車駅がすごい!さらに空いてる!【関東めぐり千葉編】

Pocket

品川にいます。

今回は東海道線で大船まで帰ります。
湘南ライナーに乗るわけでもありません。
「なーんだつまんな」と思われた方、今回は普通の東海道線ではありませんよ!
品川駅、21:59発通勤快速小田原行きです。
東海道線の通勤快速は特急にも並ぶようなJR東日本東海道線の最速達種別です。
驚くべきはその停車駅、東京を出ると新橋、品川、大船、藤沢、茅ヶ崎、平塚、国府津、小田原に止まります。
品川、大船?!?!
よく知っている方なら何がおかしいかわかるはず。
通勤快速は川崎、横浜、戸塚、辻堂、大磯、二宮、鴨宮を「通過」します。
嘘だろとなりますよね。
それもそのはず。
この列車の通過駅である横浜駅はJR東日本内で乗車人員4位、全JR駅でも5位というすごい駅。
通過なんですよ笑笑
どんなにすごい車両で来るのかと思いきや、普通のE233系。
普通列車用の車両です。
種別カラーは紫。何とも強そう。
通勤快速は上野東京ラインとの直通運転は対象外で全列車が東京〜小田原駅間の運転。さらに上りの設定はなく、全列車が下りです。
東京発19:50、20:50、21:50の3本のみの設定です。
さらに土休日はほぼ同時刻で横浜などにも止まる快速アクティーとなりますので、平日3本下り限定の運用です。
上野東京ラインの開業で数を減らした東京始発の列車なので狙って乗る方も多くおられます。
まあ横浜を通過するわけですから幾分か空く傾向にあります。
席に座るまではいきませんが、ドアに挟まるなんてことはなく、スマートフォンを操作することは余裕で可能です。
品川基準で7分前に普通列車があるのでぶっ飛ばすわけではありません。
この通勤快速は大船まで待ち合わせがありません。
大船で普通列車に接続するということは都内からは川崎、横浜、戸塚以外の東海道線内全駅にアクセスする人が通勤快速に乗れるわけで完全なる川崎市、横浜市回避作戦の列車です笑笑
これは湘南ライナーやホームライナー小田原と似てますね。
川崎を通過。
ゆっくりすぎるというわけではなく、何だかんだ80キロくらいは出ています。
川崎通過はあんまり特別感がないのは何故なのでしょうか笑
京急のおそらくエアポート急行?です。
京急も品川始発でウィング号という列車を運転しています。
ウィング号は通勤ライナーのような形態で有料列車で品川を出ると上大岡まで止まらず、京急川崎や横浜を通過する列車です。
上大岡からは快特となり、乗車券だけで乗れます。
この対応は東海道線の湘南ライナーと同じです。
車内にジョイント音が響き…
横浜を通過!
これは特別感があります。
東海道線を走る特急、スーパービュー踊り子も踊り子も全列車が停車、寝台特急サンライズ出雲・サンライズ瀬戸号ですら停車です。
横浜を通過するのはこの通勤快速と湘南ライナーの一部列車(一部は横浜自体を経由しない)、京急の(モーニング)ウィング号のみです。
つまり、特別な料金が発生しない列車で横浜を通過するのは通勤快速だけということです。

最後に京浜東北・根岸線と並走。
ほぼ同時刻に大船に到着する京浜東北・根岸線と品川発車時刻で比べたところ、だいたい20分差。
割とありますね笑笑

大船に到着。
7分早く品川を出た平塚行きと接続。
通勤快速は同じ時間帯の普通列車と比較しても空いていますし、さらに速達性がありますので大変便利です。
時間が合えば利用してみてはいかがでしょうか?
「関東めぐり千葉編」は今回まで!
千葉要素めちゃくちゃ少なかったですが、まあ良いでしょう笑笑
この旅行を初めから見たい!という方は検索欄に「千葉編」とか「関東めぐり千葉編」とご入力いただければ全て出てきます!
また、ジャンル欄から旅行名で絞っていただいても構いません!
関東めぐりシリーズはまだまだありますよ!

Pocket

2件のピンバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください