クリスマスツアー 【新幹線1両にいるのは自分だけ?!】

Pocket

帰りも博多南線を利用します。

開業当時は回送列車に人を乗せるような形態でしたが、現在は博多行きの列車を延長運転してそのまま博多南で折り返すような形になっているものが多いです。

帰りは指定席仕様の2+2ではなく、自由席仕様の2+3の方に乗ってみることにしました。

こちらが自由席車両です。

2+3で座席が並びます。博多南駅ではこの自由席仕様車は改札から遠いうえ、指定席仕様車よりもグレードが落ちるために乗車率が低くなっています。座席数は多いのに乗車率は低いのです。

発車します。

東京から来たN700系などもこの博多総合車両所に入ります。新幹線の一大車両基地です。

こちらが自由席車両の座席です。

指定席仕様車と比べれば質は落ちますが、特急列車に当たり前についている設備はきちんと整っています。

リクライニングしました。

さすがは新幹線。よく倒れます。

結局この車両には一人も乗ってこなかったのでこの車両は私だけです。新幹線の車内に一人だけなんて体験できますか??

ぼっちに拍車をかけるような事態です笑

無事、博多に到着しました。

快適すぎるほどに良い時間を過ごさせてもらいました。今回きっぷは当日に博多駅の新幹線きっぷ売り場で購入しましたが、普通と同じように1ヶ月前から各駅のみどりの窓口でも発売されています。ただ、指定席券売機では発券できないようだったのでここは注意が必要です。

博多南線は今回乗車した700系レールスターの他にも500系、N700系7000番台でも運用されることがあります。

新幹線から継続で列車番号が使用されますので、どの形式で運転されるか調べたいときにはこだま何号から変わるかを確かめれば形式が確認できます。

次回は!

博多駅周辺を散策します!

お楽しみに!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください