便利で楽しい観光地熱海!充実の放課後ライフ!【放課後熱海】

Pocket

高校3年になって受験が近くなったのもそうですが、授業が早く終わる日が出てきました。

青春18きっぷが余っていましたので学校帰りに出かけることにしました。
列車ごとのご紹介や細かい観光地情報はまた別記事でご紹介できればと思います。
ギリギリまでどこに行くか決めていなかったのですが、東京方面に行って帰りのラッシュに巻き込まれるのは御免なので熱海方面に行くことにしました。
東海道線普通列車熱海行きです。
朝早い時間に出ることが多いので大船での昼間の出発は新鮮です。
1時間20分ほどで熱海に到着。
伊豆クレイルの停車駅を示すロゴとJR東日本の駅ナンバリング、JR東海の駅ナンバリングが付いてかなりややこしい駅名標に。
熱海駅については何度も紹介していますね。
休日よりは明らかに空いていますけど平日の昼間にこれだけ観光客がいるのがさすが熱海だなと感じます。
駅前に無料足湯があって温泉地としての勢いを感じます。
熱海駅はかなり標高が高いところにあるのですが、熱海から海に向かって下ると途中に熱海プリンのお店があります。
こんなこと言わなくてもご存知の方が多いことかと思いますが、かなり人気のお店で休日だと相当並ぶそうです。
また並んでるのかーと見ていると「今すぐご購入できます〜」の声が。
さすがは平日。なんの苦労もなく、3秒で購入完了!
トンネルをくぐりさらに坂を海に向かって下ると桜の木がありました。
散りかけの桜。結局花見はしないで終わってしまったなと思いました。
熱海駅から10分ほど歩いたところにあるのが…
こちらの熱海サンビーチです。
昔から私のブログ見てくれている方はわかると思いますが、日本縦断の旅、伊豆・黒磯グリーン車の旅なんかでも紹介した場所です。
ちょうど日本縦断の旅からは1年くらい。
日本縦断で来た時もとても気持ち良い場所だと思いましたけど、今回も最高に良い!
春の暖かな日差しと少し冷たい風が良いです。
夏に来ると暑すぎるのでこれくらいの季節がオススメです。
なんか楽しくなる。そんな場所です。
買ってきた熱海プリンをいただきます。
もちろん1人ですよ!笑笑
これだけ空いているともう1人だろうとなんだろうとどうでも良いです笑
トンビもお休みのようで空にもいませんでしたので、安心していただきます。
熱海銀座商店街を抜けて来宮駅まで来ました。
なんでかんだで定番ルート。
熱海駅→熱海サンビーチ→熱海銀座→来宮駅と来ると散歩ルートにもなりますし、良い感じで観光とショッピングが楽しめます!
途中に来宮神社とか熱海で一番有名な温泉、日航亭大湯を入れても良いかもしれませんね!
伊東線はJR東日本の路線ですが、多くの普通列車が直通先の伊豆急車両で運転されます。踊り子やスーパービュー踊り子はJR東日本の車両で、伊東線、伊豆急線直通で運転されます。
熱海からはJR東海管内にも行ってみるかと暇つぶしの乗車。
なんやかんやこの春休みはずっとJR東日本管内で楽しみましたので、時には出て見たくなります。
この様子は別記事で。
三島からは熱海に戻ります。
なかなか東海道線の熱海〜三島駅間は面白いところでこちらも別記事で。
熱海から大船に帰ります。
熱海駅の奥の線路には猫がいました。
なんでもない景色ですけど旅行中のこういう何気ない一コマ一コマが旅情を感じさせてくれます。そういうポイントが多いところがお気に入りの観光地となるのでしょうし、その感性は人によって違うのでどこが良いとか悪いとかは違うんでしょう。
私はできる限りを多くの場所を紹介してみなさんのお気に入りの場所を見つけてほしいものです。
お気に入りの場所を最大限まで楽しめるのがひとり旅の魅力だと思います。
逆にグループ旅行は多くの人が楽しいと思える企画をしなくてはいけません。そこが難しいところです。

帰りは快速アクティーで帰ります。
快速アクティーって東京、横浜近辺で乗ってもあまり利点を感じないんですよね。それもそのはずです。快速運転区間は小田原〜藤沢駅間ですから。
詳しくはまた別に記事にしますね。
根府川駅付近は東海道線でも随一の海が見える区間。
春の季節限定の桜とのコラボレーションが楽しめました。
ボックスシートに揺られてのんびり帰ります。
最高の放課後ライフとなりました。
何度か言っているかもしれませんが、私は伊豆がかなり好きです。特に熱海は好きでだからこそブログでの登場率が高いわけです。便利で、楽しい観光地だと思います。
放課後に空いている熱海を楽しむ。
なかなか良い体験でした。
次回は「中央線特急乗継の旅」を配信予定です。

ツイッターで投票実施中!

ぜひお願いします!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください