#がんばれ京急 脱線事故から見えてくる地域に根ざした鉄道、京急

Pocket

ツイッターのトレンドに「#がんばれ京急」

もちろん、鉄道好きの方もあげている方がたくさんいますが、中には鉄道はあまり知らないけど、使っているからとあげている方も。
京急は2019/9/5 11時40分ごろ、神奈川新町駅付近の踏切で立ち往生していたトラックに快特電車が衝突。トラックを運転していた1人が死亡、33人が怪我をしました。
過失はトラックにあるのかもしれませんが、トラックの運転手だけが悪いとも言えなさそうな感じです。ご冥福をお祈りします。また、お怪我をされている方の1日も早い回復をお祈りします。
マスコミでは京急の速度の出し過ぎだとか、運転士の暦が短いからだなど様々言われているようですが、私はそうは思いません。(マスコミは中立である必要がないのでどのように報道しても良いことになっています。ただ、マスコミの言うことに対して意見することももちろん、表現の自由として認められています。)
京急は先頭車電動車の原則が1番有名ですが、様々な対策を行なっています。
先頭車電動車の原則では先頭車が電動車、つまりモーター搭載車両の方が脱線時の被害が少なくなると言うことで直通先から乗り入れてくる都営線や京成にも適用しています。
当該の踏切に対しても障害物検知装置や遮断機といった安全対策はなされており、実際に非常を知らせる信号は作動し、運転士も非常ブレーキを使用していると言うことで問題はありません。
客観的に見て京急側に何かまずい点があるかと言うとないんですよね。
事故当初よりツイッターでは京急の安全対策に関しての正しいツイートが多く回っていて京急が悪いという意見はほとんど見受けられませんでした。京急は明日夕方までの復旧を目指すとしています。ぜひ、気になる方はニュース等の映像や画像をみてください。あの状況から翌日復旧を目指すと言うのはかなりすごいことです。今夜も徹夜で復旧作業に当たるのだそうです。そんな中、登場したのが「#がんばれ京急」。
京急がどれだけ沿線の方々に愛されていて、多くの人が京急に対して良い印象を持っているかを象徴しています。
中には急がなくても良いよと余裕をもってゆっくり進めても良いと言うニュアンスの(良い意味の)ツイートも見られました。
地域に愛される鉄道会社。京急のすごさも改めて認識しましたし、人の優しい気持ちの部分を久し振りに見たなと感じました。
また、今回の事故ではJR東日本がかなり強力に支援にあたっているのです。まずは技術社員の派遣。今回、これが生かされているかわかりませんが、JR東日本はかなり高い脱線復旧技術を持ちます。横浜市営地下鉄の脱線時にも派遣されましたが、今回はライバル会社に対しての派遣。さらにかなり迅速に行われました。そしてラッシュ時間帯の京急からの振替需要を考慮した臨時列車の増発。電車1本を運転するのには莫大なコストがかかります。事故当日の夕ラッシュでは京浜東北線の増発を実施しました。
繰り返しとなりますが、1日も早い復旧のために尽力されている京急社員の方々、JR東日本の技術社員の方々に敬意を表します。また、亡くなられてしまったトラックの運転手の方のご冥福をお祈りします。今回の事故で怪我をされてしまった方々の1日も早い回復をお祈りします。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください